キャッシング.net

金銭感覚を身につけて無理のない返済計画を立てよう

金銭感覚と返済計画

お金と貯金箱

いくら使えるのか考える

金銭感覚がない人は、自分にどれくらいのお金があって、どれくらいのお金が使えるのか把握していません。
そのため、お金を使うことを控えるべき場面でもお金を使ってしまい、そのうち資金不足になってしまいます。学生ローンを利用しようとしている人は、一度、自分の使えるお金を調べてみましょう。

貯金する癖

金銭感覚に乏しい人は、貯金することができません。なぜなら貯金に取り組んだことがないからです。そのためまずは少額からでもいいので貯金する癖をつけましょう。初めは1週間に1000円でも構いません。そして、少しずつ貯金する額を増やしていきましょう。そうすれば、自然と金銭感覚が身についてきますよ。

お金の使いみちを把握する

金銭感覚を身につけるために、自分のお金の使いみちを把握してみましょう。毎日自分が何にお金を使ったのかメモしておけば、意外なことに出費がかさんでいることがわかりますよ。
面倒な人は、カテゴリを作ってみましょう。例えば食費、娯楽費、固定費と最初は3つぐらいから始めてみましょう。まずは続けることが大切ですよ。

返済計画の立て方

収入を把握する

まずは、収入を把握しましょう。アルバイトをしているといっても、大学の授業によっては入れないこともありますよね。そのため毎月の収入額と年間の収入額を把握して、月の平均収入額をだしておきましょう。

利息を計算しよう

例えば、10万円借りたとして、借入金利が10%だったとします。そしてそれを12ヶ月で返済する場合は、毎月の返済額は8715円になり、返済総額は105011円になります。このように月々の返済金額を把握しておきましょう。

貯金もする

学生ローンを計画的に返済するコツは返済しながらも、ちゃんと貯金をするといことです。つまり、毎月貯金ができるぐらいの余裕がある返済金額を設定するべきです。そうすれば無理なく返済するこができますよ。

貸付条件を確認しよう

貸付条件とは、ローンの会社がお金を貸す時に提示している条件です。この条件をもとに、利息を計算します。しかし、こういった条件を明示していない消費者金融には気をつけましょう。大阪では、貸付条件をしっかりと明示した金融会社があるので、そういうところを選びましょう。

シミュレーションしてみよう

最期に、月々の収入金額、返済金額をシミュレーションしてみましょう。シミュレーションはインターネット上のアプリを使えば簡単にすることができるので、試してみてくださいね。

広告募集中